tamago3 のすべての投稿

タマゴサミンと老化現象について。

タマゴサミンは関節の痛みを軽減しようとするサプリです。その関節の痛みはやはり老化が原因である事がほとんど。

そこで、老化について少し考えてみたいと思います。

老化は骨や筋肉、膝関節の組織に着実起こります。しかし、老化現象を必然的なものと、諦めてしまうのは早すぎます。

ここではっきりと認識すべきは、脚の筋力が弱まる事が膝の老化を早めている、という事です。

それなら、筋力を強化すればその老化を遅らせる事ができるわけです。

脚の筋肉がしっかりとしていれば、立つ、走るなどの動きに対しても、膝の骨や関節への負担を軽くすることができます。

また、脚の筋肉が収縮すると、整脈血が心臓に押し上げられるため、全身の血液の循環がよくなり、体全体が活性化されます。脚をよく使っていれば若くいられるというのはどうやら本当の事のようです。

タマゴサミンで膝の痛みを和らげようと考えている人たちの間には、きっとサプリメントだけではなくて、少しでも良いからウォーキングなどで筋肉をつけるようにした方が良い、と言われた事がある人がいると思います。

それは、筋肉によって関節の負担を軽くするだけではなくて、体全体に血液が通いやすくなることで、体全体が活性化されやすくなるから、と言えるんですね。

タマゴサミンは関節痛以外に効果はあるか?代表例は美肌。

タマゴサミンは基本的には関節痛対策のためのサプリメントです。

 

ですが、配合されている成分を考えると実は意外な効果を期待できるのを知っていますか?

 

その一つの代表例が美肌効果。

肌は年齢とともにだんだんと乾燥しやすくなり、乾燥によってシワができやすくなったり、シミができやすくなります。もっと言えば、たるみもできてしまいます。

タマゴサミンがどうして美肌に効果があるかというと、配合されている成分の中にiHAがありますよね。

 

iHAは体内で作られるヒアルロン酸の量を増やしてくれる作用がある成分ですが、体内でヒアルロン酸が作られる量が増えると、肌は潤いを取り戻すんですね。

というのも、肌は潤いを保つために、コラーゲンやセラミドなどの成分が肌内部にはありますが、それらの成分の一つにヒアルロン酸もあるんです。

だから、タマゴサミンは乾燥対策として美肌効果も期待できるんですね。

とはいっても、肌の乾燥対策をするのであれば、まずは保湿化粧水や保湿美容液がでスキンケアをする事が優先順位としては高いのは言うまでもありませんが。

タマゴサミンは症状が悪化する前に予防的に飲むのが理想的。

タマゴサミンの認知度が上がっています。販売している人にとっては良いことかも知れないですが、タマゴサミンを欲しがる人が増えていくというのもちょっと問題ではないかと個人的には思います。

 

そんな状態が表すように、膝に不快感を感じて、整形外科を訪れる人は毎年増えていて、後を絶つことがありません。

 

膝が痛い、膝ががくがくする、階段が上れない、その症状は人それぞれです。

 

膝の痛みは、怪我などによって突然襲ってくることもありますが、何年間もじわじわと痛みが続き、少しずつ病気が悪化しているケースもあります。

 

ちょっとした痛みで、命に関わる事はない、とあまり気にとめずにいる人も実際には多くいますが、やはりそういう人は膝の痛みが悪化していく事になります。

 

そもそも痛みがあるという事は、膝のどこかに炎症が発生しているサインであり、膝がSOSのサインを送っているのですが、そのSOSに対してはしっかりと対処すべきなんですね。

 

膝の病気最も知られているのは変形性膝関節症も、案外最初はちょっとした些細な症状からです。

 

それが重症になってしまうと、普通の社会生活さえも遅れなくなってしまいます。

 

そういう意味ではタマゴサミンは痛みが生じてからではなくて、変形性膝関節症が生じる前に、予防的に飲むのが理想的だといえますね。

 

さて、たとえば歩行も困難になってしまえば、ちょっとした外出もできません。

 

さらに、外出ができなくなれば、精神的にもストレスが溜まり、心にも悪影響を及ぼします。

 

もっと言えば、高齢者であれば、そのストレスが脳に対しても老化に拍車をかける事態にもなり、問題は深刻です。

 

もっと早く治療をしていれば、こんな事態にならない為にも膝に痛みを感じたらできるだけ専門医を訪ねるようにすることが大切です。

 

少し余談かも知れないですが、膝の痛みに大きく影響しているうのが、O脚とX脚だと言うのを知っていますか。

 

一般に、両足をそろえて直立した姿勢を正面から見ると、膝がほんの少し外側に開いているように見えます。

 

これは、右と左の脚の付け根が離れているのに対して、膝と脚がくっついるからです。これが正常な膝です。

 

ですが、足をそろえた時に膝が離れてつかない状態をO脚、膝はつくのに足がそろえられない状態をX脚と言います。

 

正常な場合は、体重が膝全体で支えていますが、O脚やX脚の場合は、重心がずれて膝の一部に負担がかかってしまいます。

 

特に、日本人の場合は、O脚が多く、このO脚が膝の病気になり、その症状も悪化させているんですね。

 

タマゴサミンを飲もうと思っている人もきっとこのO脚が多いと思いますが、少しストレッチなどで改善してみてはいかがでしょう?

 

膝への負担が減り、膝の関節通が和らぐ事があるかも知れないですよ。

膝を構成する骨とタマゴサミンの役割。

タマゴサミンは膝の関節に良いと言われていますが、では実際にどのように良いのか?それを知るのはとても大切な事だと思います。

ですので、どのように効果があるかを知るためにも、少し関節について解説したいと思います。

関節というの、大腿骨から始まり、頸骨、腓骨、そして膝蓋骨といいう4つの骨で作られています。

大腿骨は、太ももの芯にある大きな骨で、骨盤と下腿骨との間にあります。円筒状の骨なんですが、前方にやや膨らんだ形で、湾曲しているのが特徴的。

頸骨は膝から足首までの前面にある骨で、一般的に「むこうずね」と言われる事があります。この骨は上部分が大腿骨の下部分と接するところがあり、そこが関節になります。

腓骨は頸骨を支えるように、平行に位置しています。頸骨の外側にありますが、頸骨よりもずっと細い骨です。下側の外側の隆起した部分は外果(がいか)と言い、外くるぶしとして知られています。

膝蓋骨は、俗に膝小僧ともよばれる事がある部分で、皿状の骨です。触れてみると、その形がよく分ります。表面は平らですが、裏面は少し隆起していて、関節軟骨の覆われています。

膝蓋骨は大腿骨の下部にあり、膝関節を形成しています。膝の関節組織を保護するように位置していて、効率よく膝が屈伸できるよう、動くようになっています。

タマゴサミンがiHAやN-アセチルグルコサミンによってアプローチしてくれるのは、この膝蓋骨によって保護された関節の中身になるんですね。

そこには、膝が潤滑に動くように、軟骨組織がありますが、年齢を重ねていくとこの軟骨組織は劣化してしまいます。この劣化を改善してくれるのがタマゴサミンの役割と言っても良いと思います。

タマゴサミンの効果を過信してはダメ?

タマゴサミンは関節痛に対して一定の効果が期待できるサプリメントとしてネット上でも知られていますが、注意して欲しいのは、関節痛対策をタマゴサミンを飲んでいればそれ良いという状態にならないようにして欲しいと思うんですね。

というのも、人の関節は年齢とともに衰えてしまうのは仕方のないことなのですが、それをカバーしていくためには栄養だけでなんとかなるものではないからです。

その代表的なものとしては、やはり筋肉の衰えを無視してしまう事です。筋肉は人の体を支える鎧のようなものですが、この筋肉もまた膝などの関節痛に深く関わっています。

間接が痛くなるのは、クッションの役割をしている関節軟骨がすり減り、クッションとしての機能が低下してしまうからですが、実は間接周りの筋肉もまたこの間接のクッションとしての機能をサポートしている重要な要素になっています。

間接軟骨そのものは当然大切なんですが、筋肉を鍛える、衰えを抑制する、というのもまたとても大事になってくるんですね。

特に、今ではあまり筋肉に負担がかかるような運動をしていない人にとってはこの問題は意外と大きい場合があります。

タマゴサミンは間接軟骨のすり減りをカバー、うまくいけばすり減った間接軟骨の修復なども期待ができますが、それと同時に筋肉を増量させるような取り組みを間接痛対策には取り入れたいものですね。